2015年12月9日水曜日

「株式会社シーズ」について語る回

こんにちは、今は「ITソリューション事業部」のメンバーとして
在籍しておりますが、「企画サービス事業部」の仮メンバーになりたいと
考えている中川です。


 株式会社シーズをご存じない方へまずは事業部ご説明のページはいかがですか?



広報ブログの先駆者として活躍する庄瀬先輩を補佐させていただく
任務を与えられてこの上ない喜びであります。
そして広報ブログはもう盛り上がっている気配もしますが、
いや、さらに盛り上げることができればと考えております。
皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そう・・あれは、もう6年ぐらい前の出来事になります、
9月も終盤に差しかかったとある日の午前5時でした。
「関西圏のIT企業」で転職先を必死に検索していまして
「株式会社シーズ」という会社に目が止まったのです。


そんな募集ページや株式会社シーズのHPを詳しく見てみますと、
「システム開発」「サーバ管理・運営」「自社で運営するWebサービス」の
3本柱の事業を展開しているのか・・。
というのが印象的で、そこら辺にあります「システム開発」一辺倒のIT企業とは
違うのではないか。「システム開発からサーバー運用から運営まで」ということで、
この会社なら何でもやれるのではないか?。と。

 ※【ご参考】メンバー募集ページ(その当時とはデザイン・内容は違いますが)


時は経て、約6年が経過してもなお、
中川が「株式会社シーズ」に対して感じる印象は変わっていませんし、
客観的に見てもやはり「株式会社シーズ」の事業の根幹はブレていません。


しかし、その「根幹」を取り巻くIT技術の渦そのものは、
当時とは様変わりしております。


その一例としまして、
株式会社シーズでは、10年以上「サーバ運営事業」を展開しておりますが
近年「AWS」を代表とする、いわゆる「クラウドサーバ」と呼ばれる強敵?が
出現してきたことが挙げられます。

・・いやいや敵・脅威どころか、自社の技術として柔軟に吸収することで
この難局?を無事に乗り越え、お客様に最適なご提案をできるレベルに
達しています。

  ※ 詳しくは次回以降にて


また「システム開発事業」におきましてもWebシステム、Webページ制作・・と
日々、経験値を積み上げております。
そして今、大規模な開発案件・最適なITソリューションのご提案等に
ご対応させていただく十分に能力は備わってきています。

 ※ 詳しくは次回以降にて


・・・・・ダラダラしてきたので、そろそろ締めます。

「株式会社シーズ」の未来を想像してみました。


お客様、まだ見ぬお客様・・そんな方々とご一緒にお仕事をさせていただきつつ
「シーズ物語」の展開スピードは加速度を増していくのだろうか?と、
勝手にワクワクしております。
 
そして、我々は、皆様から「株式会社シーズ」は必要なんですよね。
と仰っていただける存在であり続けたいと思います。

そんな秘かな決意をここに記して終わります。

0 件のコメント:

コメントを投稿