2019年3月29日金曜日

KCG春インターンシップ生のご紹介(2019ver.)

こんにちは、広報担当の庄瀬です。

最近日中になると随分暖かくなりましたね。ただ、日が沈むと一気に肌寒くなるのでまだしばらく上着が手放せそうにありません。

さて、近年シーズでは京都コンピューター学院(以下KCG)の学生インターンシップ受入を実施し、たくさんの学生さんたちと交流しています。

去年の夏に行ったインターンに引き続き、今年は春期ビジネスインターンシップも行いましたので、10日間に渡りシーズに来てくれた3人の学生さんたちをご紹介します!


株式会社シーズ CTO原口さん(左上)、プログラマー石田さん(右上)
山本さん(左下)、辻井さん(中央下)、安田さん(右下)

専修学校に通う彼らですが、PHPはまだ授業で習っていないそうで、まずは基礎的な部分から学習してもらいました(一緒に写っている原口さんと石田さんは、今回のインターンシップを担当するメンターです)。



今回、メインでメンターを務める弊社プログラマーの石田さんはKCG卒業生。母校で学んでいる後輩たちを指導しながら、プログラムの話しだけでなく学校のあるある話などで盛り上がったりと楽しく取り組んでくれていました。
PHP未経験ながらも、他の言語での開発経験を持つ彼らは、開発スピードや読解力などそれぞれの強みを発揮し進めている様子でした。

基礎を固めたら、次は各々が作りたいシステムを考えてもらい、本格的に開発スタートです。去年のインターン同様、DockerやGitをとり入れることで、なるべくシーズのエンジニアたちに近い開発環境を経験してもらいました。
また、期間中にやることとして、仕様決めやタスク管理などを含めた時間配分も考えなければいけないので、実作業以外の部分でも壁が多かったと思います。しかし、メンターの石田さんサポートのもと、最後は全員の成果物が完成しました!

そして最終日の夜には、シーズのスタッフ全員の前で制作物をお披露目してもらうことに。



1番手は3回生の山本さん。タイトルは「お手軽掲示板」です。
投稿されたリツイートに対し、ハートを無制限に送ることができるという独自のアイディアを追加しています。昔から「何故twitterではハートを1つしか押せないんだろう?」と思っていたそうで、今回その疑問を払拭するオリジナルサイトを作ってくれました。日頃の「何故?」や「こうなったらいいのに」という自分の考えを具現化するという発想にも魅力を感じる作品でした。




2番手は1回生の安田さん。制作物は「twitterもどき」です。
名前の通りtwitterをモデルにしていて、安田さんが1から開発したシステムです。普段よく使っているサービスを自分でも開発してみたい!という思いからチャレンジしたそうで、細かい仕様までしっかり再現していました。「1回生でここまで作り込めるのはすごい」とエンジニアたちが関心するほどリアルなtwitterもどきです。




そして最後にトリを飾ったのは、同じく1回生の辻井さん。「HexeR」という作品を紹介してくれました。
こちらは会員登録制の簡易投稿サイトでpixivがモデルです。プロフィールと記事が投稿できるサイトですが、驚いたのは完成度の高さだけではありません。辻井さんはデザインにも興味があるらしく、フロント部分もかなりこだわっていて、ロゴまで自作するという徹底ぶり!「好き」を突き詰めた辻井さんらしいサービスを見せてくれました。

こうして、個性豊かな作品が出来上がったわけですが、インターンシップを終えた感想を聞いてみると「楽しかったです!」と声を揃えてお話ししてくれたことが何よりも嬉しかったです。これから学校の授業などでPHP言語を学ばれる機会があると思いますが、シーズでの経験が少しでもお役に立てば幸いです。


・・・

発表を終え、素晴らしい作品を見せてくれたインターン生3人のご成功を祝し、お疲れ様会を開催。シーズのオフィスでパーティーしました!





最終日まで楽しそうな笑顔を見ることができて良かったです!石田さんの働きかけもあり、シーズのスタッフたちともたくさん交流してもらえたのではないかと思います。
未成年の学生様については飲酒提供しておりませんのでご安心ください。


長いようで短い10日間でしたが、シーズに来てくださり本当にありがとうございました!これからもプログラムを楽しみながら学んでほしいと思います。そして、また再会できる機会がありますことを期待しております。

以上、春のインターンシップ記をお送りしました。

2019年3月27日水曜日

西垣社長のサプライズ誕生日会

こんにちは、広報担当の庄瀬です。

いよいよ3月も終わりに差しかかっていますが、その前に…。
3月2日は弊社の代表取締役 西垣社長のお誕生日でしたので、スタッフ皆でサプライズ誕生日会を開きお祝いしました!

会議室に来てもらうよう西垣社長に連絡し、入口のドアを開けたところで、中で待ち伏せするシーズのスタッフたちがクラッカーを鳴らすという作戦でしたが…


ジャンプしながら入ってきた社長!www
後で聞いてみたところ、呼び出された瞬間(めっちゃ序盤じゃんw)サプライズに気付いたそうです(笑) 計画はバレバレでしたが、用意したケーキやお菓子を皆で美味しくいただき、社長との楽しい時間を過ごしました。


今年はバルーン専門店で購入したアイテムを使い、会議室をお誕生日会仕様に装飾。CTO 原口さんより贈呈した花束もバルーンです。


改めまして、お誕生日おめでとうございます!42歳も素敵な1年になりますように。



そして、今年も株式会社帆風の犬養様から素敵なお花をいただきました。毎年本当にありがとうございます!今後とも代表西垣と株式会社シーズをどうぞよろしくお願いいたします。

以上です。

2019年3月14日木曜日

[採用サイト] 2020年度 新卒採用情報を掲載しました

こんにちは、広報担当の庄瀬です。
突然ですが、本記事でご紹介する内容の都合上、今回は「採用担当の庄瀬」という立場でお話ししたいと思います。


この度、株式会社シーズでは2020年度卒向け新卒採用のエントリーを開始しました。詳細については弊社採用サイト「SEEDS RECRUIT 2020」をご覧ください。

☟「SEEDS RECRUIT 2020」新卒採用ページ



・・・

▧ 採用担当者からひとこと ▧

皆さま初めまして(?)、株式会社シーズ採用担当の庄瀬と申します。
弊社についてご存知ない方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にご紹介させていただきます。

私たち株式会社シーズは、「京都のIT企業」として Webサイト制作、システム開発、サーバー構築 など、あらゆるWebサービスをクライアントにご提供する受託開発会社です。クライアントによって要望は様々ですので、弊社には幅広い技術知識と各分野のプロフェッショナルが存在しています。

そんなWebのプロたちが集結するシーズの武器は、「技術」そして「人」だと思っています。
シーズには Webプログラマー、インフラエンジニア、フロントエンドエンジニア、Webデザイナー という4つのエンジニア職がいて、全員がワンフロアで作業しているので常に様々な技術の話が飛び交い、より技術の幅が広がります。
また、約20名いるスタッフたちは皆とても仲が良く、社内は和気あいあいとした雰囲気で過ごしやすい環境です。

選考では、そんなシーズの居心地の良さを少しでも味わってもらいたいという思いから、なるべくフランクな面接を心がけていますので、学生の皆さまもどうかリラックスしてお話ししに来てくださいね。

「ITが好き」「もっと技術を磨きたい」「仕事としてITに携わっていきたい」など、意欲溢れる学生の皆さまとの出会いを楽しみにしています!


選考時、皆さまとお会いするであろう3人の面接担当をご紹介します。
※採用担当 庄瀬(左)、CEO 西垣(中央)、CTO 原口(右)


また、当サイトでは、選考とは別によりフランクな雰囲気で弊社エンジニアたちとお話ししていただける「シーズと気軽に座談会」という企画も実施しています。遊びに行く感覚でお気軽にお越しいただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

以上、皆さまからのご応募お待ちしております!

2019年3月4日月曜日

新入社員エンジニアをご紹介します

こんにちは、広報担当の庄瀬です。

2月も後半になり、新年度が近づいてきましたね。
4月といえば入社式という一大イベントがありますが、弊社も今年2名の新卒生を採用しましたので楽しみにしているところです。

そんな中、一足先に入社してシーズを沸かせてくれている新入社員がおりますのでご紹介します。Webプログラマーとして入社した三好(ミヨシ)さんです!



今年1月からシーズのエンジニアとしてデビューした三好さんに、さっそくインタビューしてみました。

・・・

― 入社して2ヶ月ほど経ちましたが、シーズの環境には慣れましたか?
皆さん手取り足取り教えてくださるので、のびのびやっています!(笑)
選考時、シーズは教育体制がまだ整えきれていないというお話があったんですが、実際は皆さん1つ質問すると10(ときには100⁉)返してくださって、そんな風には感じませんし勉強になっています。


― そう言っていただけると救われます…!実際、シーズの業務はマニュアル化が難しく苦戦しているところですが、三好さんのように自ら勉強して質問する流れが技術を習得する上で1番の近道だと思います。
ありがとうございます。これからも日々精進し、質問するばかりでなく答える側になりたいと思います!


― こちらこそです。そして、前職では組み込み系のエンジニアをされていたということですが、別の技術(PHP)を学んでみていかがですか?
組み込み系のエンジニアは、PCから飛び出して電気回路やモーターを制御するのが醍醐味かと思います。もちろんそれも楽しい世界ではありますが、今私はPC1台でほぼ全てのことを完結できるWebの技術に魅力を感じています。(10年以上組み込みやってたのに!?笑)
場所を選ばず開発できるところや、世界中の人とダイレクトに繋がれるってすごいことだなぁと感じます。良くも悪くもフィードバックを直接もらってサービスを改善していくというのは、大げさかもしれませんが生きている感じがします。
皆が喜ぶサービスを密かに作り上げて、しれーっと公開したいなぁなんていう野望を持っていたりいなかったり...(笑)


― なんてかっこいい野望!(笑) それでは、次に応募についてですが、三好さんは「京都移住計画」という採用サイトからご応募くださったんですよね。
はい!でも実は、もともと京都移住計画のサイトに行き着いたのは他社の募集ページを見たことがきっかけした。その流れでシーズを発見して、ビビビッときました!Webは未経験でしたが、そんなことは関係なく、とにかくこの会社で働きたいと思い応募しました。


― 三好さんのアンテナに反応して嬉しいです!シーズの募集ページは、三好さんから見てどんな印象でしたか?
京都移住計画というサイト自体が、普通の採用ページみたいに内容がキッチリカッチリしている感じではなくて、もっと中の部分…いうなら、企業の普段の顔が見られるような、別のフォーカスから企業を紹介するような面白いサイトなんですが、その中でもシーズは社員ファーストでアットホームな印象が他の企業より色濃く感じました。それも私がシーズを志望した理由のひとつです。ちなみに、私の奥さんの印象もバッチリでした(笑)


― ご家族からの印象も良かったみたいで何よりです!ちなみに、実際に面接やオフィス見学でシーズを訪れた際の印象はどうでしたか
実際の採用面接で受けた印象もそのままでした。なので、内定をいただいた後、承諾書を出すまでに迷いは一切ありませんでした!


― 光栄です!それでは、最後に意気込みをお願いします。
右も左も分からないところからのスタートですが、コツコツ続けてお役に立てるよう頑張ります!今はバックエンドの仕事をしているので、まずはそこをしっかりできる様になりたいと思います。
その後は、フロントエンドやインフラ周りも経験し、フルスタックWebエンジニアになることが目標です!長い道のりだとは思いますが、焦らずに、一歩ずつ歩んでいきたいと思います!


― ありがとうございます!三好さん、これからどうぞよろしくお願いします!

・・・

そして、三好さんとの素敵な出会いを繋げてくれた「京都移住計画」は、株式会社ツナグムが運営する「京都で暮らしたい人の想いをカタチにする移住応援サイト」です。求人だけでなく、「居・職・住」という様々な側面から、移り住む人にとって必要な情報を発信する活動を行われています。


引き続き、弊社ではさらなる事業拡大・対応力強化のため新しいメンバーを募集しております。弊社エンジニアたちと共にシステム開発職務に携わっていただける方、ぜひぜひご応募をお待ちしております!

株式会社シーズの募集ページ


以上、よろしくお願いいたします。